2006年7月
岩手県九戸郡野田村十府ヶ浦海岸

野田村主催
【第22回のだ砂まつり】に参加させて頂きました。




片道900キロにも及ぶロングドライブの末、
何とか前日夜に現地到着。

霧雨が降る中、まつりの準備が着々と
進められていました。


今回の心配はズバリ 
【天気】。。。

のだ砂まつりは土曜日曜と2日間の開催。
で、天気予報は・・・、

この2日間とも
雨・・・、ちょっと曇り・・・、雨。。。

果たしてどうなる事やら。。。


そんなこんなを考えながら宿に向かいます。

今回宿泊施設としてお世話になった
国民宿舎 【えぼし荘】

予想をはるかに上回るおいしい食事で、
鋭気を十分に養う事が出来ました。




そしてのだ砂まつり初日。

これまた予想・予報をはるかに上回る
大雨・・・、大風。。。

まるで台風のようです。。。


のだ砂まつり2













のだ砂まつりの象徴である砂の造形も
かわいそう。。。


のだ砂まつり3













のだ砂まつり4
















コチラは野田村の名産、【のだ塩】の実演です。
徹夜で煮込み続けて作るのだそうです。

のだ砂まつり5














・・・で、来賓の方々の祝辞の後、
怪しげな天気の中、
第22回のだ砂まつりが開催されました!

のだ砂まつり1














しかししかし、肝心の熱気球はとてもとても
出来るような状況ではありません

オマケに7月も末だと言うのに
気温15度前後という寒さ・・・。

大汗かきの千葉は着替えの用意ばかりしていて
『上着・防寒』の心配なんてこれっぽっちも
してなかったので寒さとも戦いながらの
辛い時間が続きました。

天気ばかりはどうする事も出来ないので
ただただ好天を願うのみです。。。



そして夕方近く、やっとその時が訪れました!

雨が若干ですが小降りとなり、風も止みました


普段だったらいわゆる『本降り』である以上、
熱気球は待機とするのですが

この日ばかりはなんと言っても900キロもかけてきた
ので何が何でも熱気球を上げて帰りたい!


無理は感じながらも千葉はココをチャンスと決心し、
早急に準備を進め立ち上げました!

予想通り、雨以外はまさしく
熱気球係留イベント向きの天候です


のだ砂まつり6













ナイトグローもバッチリ!
花火とよく合います。(写真が・・・

のだ砂まつり7













のだ砂まつり8












天気に悩まされたのだ砂まつり1日目は
こうして短い時間ながら醍醐味を味わって
頂く事が出来ました。





そして2日目。

早朝は深い霧に包まれていましたが
これまた熱気球係留イベント向きの天候で
無風状態!絶好のコンディションです!!

オマケに曇っているため暑くない!


こうなるともうトップギア全開(笑)


のだ砂まつり9













時々は待機になりそうな風が吹き始めたりも
しましたがこの日は全てが『熱気球の味方』!

しばらく耐えるとまた無風。。。


会場が砂浜だったため、
スタッフ全員、想像以上に体力を消耗し、
ある意味体力勝負の熱気球イベントになりましたが
終わってみればなんだかんだで
全行程の70%をこなしてました!


これが今年のHappy Bird 〜ハッピーバード〜!

運も味方に付けて
熱気球イベント全開まっしぐら(?笑)

のだ砂まつり10




















※スタッフ紹介です。

キム兄















通称:キム兄
プロカメラマンで『ガテン』系!
オマケにめちゃくちゃ物知りで『キム兄』似(?)
とても頼りになる(してる)兄貴です。











トップページへ戻る 


【過去の主な実績】ページへ戻る

 

【熱気球係留イベント専門のHappy Bird 〜ハッピーバード〜】